アクティブなインドア

読書と筋トレが楽しみ。

ひとりの時間の過ごし方

お題「ひとりの時間の過ごし方」 ひとりの時間の過ごし方、 筋トレ、読書、英会話、考え事 この4つ。 筋トレは西川貴教のようなボディに憧れはじめた気もする。 今ではは脳のために、健康のために続けている。 読書は沈黙を読んだ時に面白いと感じて以来 知…

今週のお題「私の沼」

今週のお題「私の沼」 私の沼、それはパン。 焼きたて、期間限定という言葉に弱い。 砂糖の塊と知っていても止められないもの。 私の沼、それはフリスク。 口の爽快感を求めてついつい食べてしまう。 人工甘味料の塊で体にとって害。 私の沼、それはプロテイ…

愛着

映画を見に行ったときの半券、 大昔に行ったディズニーランドのチケット、 学生時代に付き合いで撮らされたプリクラなど 見ては懐かしいな、あの時は…と 見るたびに美化された思い出を 私は捨てれずにいました。 以前の私はモノには愛着を持っており、 他人…

僕さ、ボクサー

足の筋肉痛が日曜から続いているため、 本日は雑談を 。 土曜、朝起きて今日はボクシングの体験に行こうと なぜか思い、実際に行きました。 パンチをせずに生きてきた温室育ちには パンチを一つ繰り出すだけでも一苦労。 常に顔は腕で守り、 脇は締める。 足…

好きな人とお近づきになる方法4

これまで異性とお近づきになる方法として ・相手の瞳孔を広げる ・短時間でも複数回会う ・共通点を多く見つける この3点を話してきました。 続いての方法が相手の仕草を真似るです。 例えばランチやディナーの席で 相手がグラスを持ち上げると 自分も持ち上…

好きな人とお近づきになる方法3

これまで異性とお近づきになる方法として ・相手の瞳孔を広げる ・短時間でも複数回会う この2点を説明してきました。 続いての方法は、 共通点を多く見つけることです。 これは恋愛だけでなく ビジネスシーンでも非常に有効です。 初対面の人で、 初めはお…

「こだわりがない」という「こだわり」

今日はすこし話を変えて。 基本的に服にはお金をかけない。 でも第一印象がとても大事だということが 心理学でも古くから言われている以上、 みすぼらしい格好はできないなと思い アウターは少し良いものを買うようにしている。 また、機能性やどのくらい使…

好きな人とお近づきになる方法2

好きな異性に有効な心理テクニックは 複数回継続的に会うということです。 例えば休みの日に4〜5時間飲み会で一緒にいるより 毎日5分でも顔を合わせているだけのほうが親近感を生み出しやすいことがわかっています。 これは単純接触効果とも呼ばれており心理…

好きな人とお近づきになる方法

今日から心理学的に有効な 異性や好きな人の口説き方を 話していきたいと思います。 気になる人を好きにさせたり意識させることは ビジネスシーンでも有効に働きます。 気になる人と一緒にいるときに どのような身体的変化が体に起こっていると 思いますか?…

「赤ちゃん」から学ぶ「女性」の可愛さ

赤ちゃんはかわいい。 それはどんな動物にも共通している。 ではなぜ赤ちゃんを見て可愛いと思うのか。 これは赤ちゃんが親から愛情を受けるために可愛いと大人に思わせていると考えれる。 その特徴の一つが、丸い顔に大きな目。 より詳しく言うと、丸い曲線…

女性の憧れ?一夫多妻制3

夫婦の形には様々ある。 これまで説明してきた一夫多妻制一部地域でまだ存在感する多夫一婦制そして、乱婚制である。 一夫多妻制は有能なオスのもとにメスが集まる。 オスはより多くの子孫を残せ、メスは優秀な遺伝子を残せる。 多夫一婦制は、簡単に言うと…

女性の憧れ?一夫多妻制2

一夫多妻制の女性にとってのメリットは 優秀な男性の遺伝子をすでに配偶者がいる場合にも 手に入れることができることです。 また、他には同一男性の妻のコミュニティに所属することで 子育てを支援してもらえます。 昔の日本社会では、 3世代が共に生活をす…

女性の憧れ?一夫多妻制

一人の夫にたくさんの妻が許される 一夫多妻制度。 不倫が世間を賑わす現代で 多くの男性が憧れるのではなでしょうか。 一夫一妻制度の日本社会で 女性からすると許しがたい制度で 男性にのみメリットのある制度と思われがちですが、 実は、この一夫多妻制度…

進化心理学から見た女性の美しさ7

これまで進化心理学からみた 女性の美しさを話してきましたが 現在にも意外に共通しており、 女性が求めている理想の姿に 近いことがわかります。 ではオスはどうなのか 先日も申し上げたように オスは見た目で どうこうできるものではありません。 美人な貧…

進化心理学から見た女性の美しさ6

最後の項目の 金髪青い目について説明をすると まず金髪は若さを知る指標として有用である。 それは、綺麗な金髪は若いときに見られれるもので 年をとるにつれて徐々に茶色に変化していく。 そのため 綺麗な金髪は若いことを示し、 かつロングヘアだと健康状…

原美術館

少し前回と話を変えて、 本日初めて原美術館に行きました。 以前から楽しいよとは言われつつも なかなか行く機会がなかったのですが 本日、仕事の合間の時間に やっとの思いでいってきました。 滞在時間およそ30分 駆け足でしか見れてないものの すごく楽し…

進化心理学から見た女性の美しさ5

WHR(ウエスト・ヒップ・レイシオ)とは、 その名の通りウエストとヒップの比率である。 この比率が0.7だと魅力的に見えると言われている。 つまり、ウエスト70、ヒップ100である。 少々サイズは大きいように感じるが各パーツの大きさでなく比率が重要なため美…

進化心理学から見た女性の美しさ4

3つ目のポイントである ウエストの細さとは。 これは年齢に関するものではなく妊娠しているかどうかを判断するためである。 ウエストが細いと身ごもっていないつまり子を授かれることを意味する。 そのため、オスはウエストが細いメスを好んで探し、子孫を残…

進化心理学から見た女性の美しさ3

バストが大きい女性が なぜ男性から魅力的に感じるか。 それは2つポイントがある。 まずバストとヒップに付く脂肪が オメガ3系脂肪酸に由来するためである。 このオメガ3脂肪酸は 近年、健康によいと話題になっている。 チアシードや亜麻仁油に含まれており…

進化心理学から見た女性の美しさ2

進化心理学の知見から 男性が魅力的だと感じるポイントは 以下の4つある。 ・ロングヘア ・バストの大きさ ・細いウエスト ・青い目、金髪 え?好みの問題では? というような項目もあるが 一応理にかなった説明がそれぞれある。 過去の人間のオスが メスの…

進化心理学から見た女性の美しさ

電車に乗っている。 目の前の女性が鏡を手に持ち、 あらゆる道具を駆使し、 自らの顔を高めている。 女性にとっては見た目が重要なことは 否定できない事実であり 生涯獲得できる利益にまで関わる。 また、 人生を通して美人な貧乏はいないが 貧乏なイケメン…

メルカリで人間の可能性を感じた

最近、 人ってすごいな! 欲ってすごいな! と思うような出来事を ニュースで見ました。 それは メルカリでの現金の売買です。 クレジットのキャッシュ枠では 足りないからと ショッピング枠を現金化する 手法として問題になっていました。 ここまでは普通に…

ダイエットが失敗する理由、体重が維持できない理由。8

ポイント3つ目は、 好きなものを我慢しないことです。 多くの人が好きなものは甘いものやカロリーの大きなものではないでしょうか? これも以前申し上げたように生物として、これまでの経験から当然ではあります。 そのため、ダイエットを始めるときまず自分…

ダイエットが失敗する理由、体重が維持できない理由。7

ポイント2つ目、 食べることに集中するとは何か。 人は満腹中枢が刺激され満腹感を得ることができます。 しかし、満腹中枢が刺激されるのは食べ物を見てから、食べ始めてから20分ほどかかると言われています。 食べるのが早い人(20分以内)は満腹を感じにくく…

ダイエットが失敗する理由、体重が維持できない理由。6

ダイエットのために 視覚で脳を騙す。 これは先日も少し触れたができることとしては ・毎日使っている食器を一回り小さくする。 ・食器の色を白から変更する。 ・料理をお皿の上に盛る時はなるべく広げる。 ・一度の食事でより多くのおかずを用意する。 など…

ダイエットが失敗する理由、体重が維持できない理由。5

これまで長々とダイエットの 失敗理由について 生物的に心理的に考えてきましたが 具体的なダイエット方法について ご紹介したいと思います。 この方法は確実に痩せることができます。 ただ即効性はありません。 そして日常に大きな変化を与えるような こと…

ダイエットが失敗する理由、体重が維持できない理由。4

前回と話は少し変わりますが、 なぜ人が甘いものが好きかというのは 生物の本能以外にも別の要因があります。 例えば私たちが甘いものを食べるときは どういうときでしょうか? 誕生日や何かお祝い事、結婚式など 嬉しいや楽しいときに食べることが多いので…

ダイエットが失敗する理由、体重が維持できない理由。3

ダイエットには 視覚情報が需要である。 前回申し上げたように物の大きさも需要だが 色も大切である。 食器の色で味の感じ方が変わる。 欧米やヨーロッパの食器は白い物が多い。 そのため、濃い味付けが多いことは想像は容易であろう。 一方で日本の昔の食器…

ダイエットが失敗する理由、体重が維持できない理由。2

ダイエットのために脳をだますとはどういうことか。 それは人の満腹を感じるメカニズムを理解する必要がある。 ここで、食べ物を食べ終わるときお腹がいっぱいだから食べ終えているとお考えだろうか。 実はそうではない。 人は視覚情報が満腹を感じるのに重…

ダイエットが失敗する理由、体重が維持できない理由。

脳は変化を嫌いいつも同じ状況や環境を望む。 それは安心・安全を求める生物的な本能によるものである。 そのため、変化が起こると常に元の状態に戻そうとする。 これの典型的な例としてダイエットが挙げられる。 生物は進化の過程で、 体を作るプロテイン、…

いつも同じことで悩む人の心4

以前も言ったが他人が人を見変えることはできない 考えや行動、それは自分自身で決めることで自らの意思で行なっている。 一方で、「この人に出会って私は変わった!」と言う人がいるかもしれない。 しかし、それも勘違い。 現状に満足していないこと、なり…

いつも同じことで悩む人の心3

先日に引き続き、 アドラー心理学の観点から変わらない人を考えてみると 変わらない人、つまり悪いと思ってる行動を断ち切れず同じ行動をする人は その状態が自分にとってベストな状態と言える。 例えば引きこもりの人で考えると家にいることで親に構っても…

いつも同じことで悩む人の心2

私の短い人生で学んだことだが 人が人を変えるのは不可能に近い。 人を変えるということは 習慣、考え、行動を変えるということで 全て自分の意思に繋がる。 「あー変わりたい」 「このままじゃダメなのはわかってるけど…」 という人に限って そういう発言を…

いつも同じことで悩む人の心

ふと、相談を受けて気づいた。 何度目だろ、この人の悩みを聞くのは。 以前と変化のない悩みを持って、 私のもとに現れ、去っていき、 再び私の前に現れる。 「説明の仕方がいけなかったのか?」 「伝わっていないのか?」など 自分に非があるのではと考えて…