アクティブなインドア

読書と筋トレが楽しみ。

アクティブなインドア代表たむが書くブログ

心理学、経済学などの本を、多いときで週に10冊程度読みます。

多趣味で筋トレ、カメラ、Photoshop、コーディングなども勉強しています。

ダイエットが失敗する理由、体重が維持できない理由。5

これまで長々とダイエットの

失敗理由について

生物的に心理的に考えてきましたが

 

具体的なダイエット方法について

ご紹介したいと思います。

 

この方法は確実に痩せることができます。

ただ即効性はありません。

 

そして日常に大きな変化を与えるような

こともしません。

 

脳をだまして

変化をしていることに気づかせない

ダイエット方法だからです。

 

食べ物で脳が気づかない、

つまり食べれていたものを食べれなくなる

飢餓状態にならない範囲は

 

カロリーでいうと200~300kcalということが

わかっています。

 

1日の食事から

バターロール1つ(84kcal)減らすと

一年で4kg痩せる計算になります。

 

1日の食事で300kcal減らした場合は

14.2kg痩せる計算になります。

 

カロリーを運動による消費ではなく

食事から減らすことには理由があります。

 

それは単純に運動だとしんどいからです。

 

仮に1時間ゆっくりウォーキングしたとして

そのときに消費されるカロリーは135kcalです。

 

どうです?毎日歩けますか?

これが実行できる人はおそらく今すでに

理想的な体型を手に入れている人かと思えます。

 

なので続くダイエットとして食べる量を

脳が気づかない範囲で食べる量を減らすことを進めています。

 

ポイントは以下の3つです。

 

・視覚で脳を騙す

・食べることに集中する

・好きなものを我慢しない

 

すでに述べた方法もありますが、

次回一つ一つ説明していきたいと思います。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

次回も引き続きダイエットについて書いていきます。