アクティブなインドア

読書と筋トレが楽しみ。

アクティブなインドア代表たむが書くブログ

心理学、経済学などの本を、多いときで週に10冊程度読みます。

多趣味で筋トレ、カメラ、Photoshop、コーディングなども勉強しています。

女性の憧れ?一夫多妻制3

夫婦の形には様々ある。

 

これまで説明してきた一夫多妻制
一部地域でまだ存在感する多夫一婦制
そして、乱婚制である。

 

一夫多妻制は有能なオスのもとに
メスが集まる。

 

オスはより多くの子孫を残せ、
メスは優秀な遺伝子を残せる。

 

多夫一婦制は、
簡単に言うと一夫多妻の逆である。

この携帯は今も一部の国や地域で
用いられている。

 

多夫一婦制は
多夫は兄弟であることが多い。

 

この利点は、
メスの少ない地域やオスが多い地域では
オスにとって子孫を残すことが難しくなる。

 

そのため、兄弟で一人の妻を受け入れることで
自分の遺伝子または自分に近い遺伝子を
残すことができる。

 

乱婚制は、
数人のオスと数人のメスのグループである。

 

コミュニティとして子を残し、
子を育てるということである。

 

今の先進国では考えにくい夫婦制度が
今も地域によっては根強く残っていたり、
過去の時代で受け入れられていたりする。

 

一夫一妻制はどちらかというと、
ごく最近の制度である。

 

そのため、不倫が蔓延する現代社会は
意外にも利に適っているのかもしれない。


 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
ここまで読んでいただきありがとうございました。
次回はテーマを変えて話していきます。