アクティブなインドア

読書と筋トレが楽しみ。

愛着

映画を見に行ったときの半券、

大昔に行ったディズニーランドのチケット、

学生時代に付き合いで撮らされたプリクラなど

 

見ては懐かしいな、あの時は…と

見るたびに美化された思い出を

私は捨てれずにいました。

 

以前の私はモノには愛着を持っており、

他人には使わせない、家族にも使わせない

というような考えを持っていました。

 

そんな守りに守る生活に嫌気がさしていたころ

選択や我慢など日常生活のあらゆる場面で

消費される「意志力」を知りました。

 

意志力が人生において重要だということを理解したとき、

モノに執着すると意志力が常に消費されるという結論に達しました。

 

そこからモノには愛着を持たないでおこうと、

身の回りのあらゆるものを捨て、メルカリで売り、

ランディアで配送しまくりました。

 

すると物理的なスペースはもちろんのこと、

気持ちにもなぜか余裕が生まれました。

 

戻れない、選べない環境を整えると

あれこれ心配する必要もなくなります。

 

断捨離万歳。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−  
ここまで読んでいただきありがとうございました。

次回こそ気になる人の口説きかたの続きを話します。