アクティブなインドア

読書と筋トレが楽しみ。

好きな人とお近づきになる方法5

これまで異性とお近づきになる方法として

・相手の瞳孔を広げる

・短時間でも複数回会う

・共通点を多く見つける

・相手の仕草、行動を真似る

 

この4点についてご紹介してきました。

 

しかし、この4点を完璧にこなしたとしても

会話がしっかりできないと効果は不十分です。

 

今回は、話が続かない、どうしたら話を広げれるのか

といった、誰でもできる会話のテクニックをご紹介します。

 

会話を楽しんだ上で、これまで紹介してきた

4つのテクニックを用いることで

気になる異性とお近づきになることができます。

 

会話のテクニックとして最も簡単なのが

相手の言ったことを繰り返して質問を加えることです。

 

例えば、自分に全く興味のない

行動経済学について話されたとします。

 

ヒューリスティックって人の思考を節約する反面、

バイアスにもかかりやすいってことなんだよね」

 

こんなことを言われると返す言葉がありません。

ここで会話がストップし、盛り上がらなくなります。

 

(私の意見としてはこんな誰も知らないカタカナを言って

自分すごいだろ、こんなのも知らないのか、すごいと言われたいだけの

人は放っておくのがベストだとは思いますが…それはさておいて)

 

こういう時に相手の言ったことをそのまま繰り返し、

質問を一つ加えることで会話が成立していきます。

 

ヒューリスティックって人の思考を節約する反面、

バイアスにもかかりやすいってことなんだよね」

 

「思考を節約する反面、バイアスにかかりやすいんですね!

ところで、どういった時にバイアスにかかりやすいんですか?」

 

といった具合に、5W1Hの質問を最後にくっつけることで

会話が成立していきます。

 

ここで一つ気をつけないといけないポイントがあり、

単語の意味を掘り下げてはいけないということです。

 

質問で、ヒュウーリスティックってなんですか?とか

バイアスってなんですか?と聞くと大抵相手は答えれません。

 

自分の知識を広げているだけの人はその言葉の意味を深く知らないからです。

 

話が恋愛からだいぶそれましたが、

普通の会話で行動経済学のような話は出てこないかと思います。

 

そのため、この相手の言うことを繰り返し、

質問を加えるというのは思った以上に簡単です。

 

このテクニックの他にも、相手のことを推測して

共通点を見つけていくような手法であったり、

 

事前に調べて共通点を見つけいくような手法であったり

様々ありますが、まずは繰り返し、質問を加えるという手法を

試してみてください。

 

ちなみにこの手法は「バックトラッキング」と呼ばれています。

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−  
ここまで読んでいただきありがとうございました。

次回も気になる人の口説きかた(男性向け・女性向け)を話します。