アクティブなインドア

読書と筋トレが楽しみ。

駅のホームでガンを説明してみた。

 

昔に書いたお話し。

 

 

 

ガンって怖いですよね。

 

2016年の厚生労働省の調査によると

http://www.seikatsusyukanbyo.com/calendar/2016/009130.php

1981年から年々増え、

日本で亡くなる3.5人に1人がガンが原因です。

 

ところで、ガンって何でしょうか?

「ガン=悪い病気」というイメージはあるかと思いますが

ガンを説明するのって難しいですよね。

 

ガンを簡単にいうと

みなさんの体を作っている作り上げている細胞が

おかしくなっている状態のことを指します。

 

おかしな細胞とは何か?

 

例えば、

電車のホームで電車を待つとき、

普通は白線の内側に並ぶと思います。

 

人が増え混雑しても

線路内には進入はしませんよね。

 

でも、時々見かける、おかしな人は

線路内に進入することで、

電車が通常の運転ができない原因を作ります。

 

ガンというのは簡単に言うと、

おかしな人たちです。

 

生き物の体に変えて話をすると、

普通の細胞にも増えてもいい場所(白線の内側)と

増えてはダメな場所(線路)があります

 

血管を埋めるように細胞が増えると

血液が通れなってしまい(詰まる)、

病気の原因になるのは簡単に想像がつきますよね

 

つまり、おかしな細胞(ガン)は

細胞が増えてもいい場所とダメな場所の区別ができません。

 

しかも、どんどん増える特徴もあるので、

気づけば色んなところに移動をして

色々な場所に支障をきたします。

 

まとめると、

ガンとは善悪の区別がつかなくなり、

増え続ける細胞のことを指します。

 

ガン治療においても

善悪がつかない細胞を見分ける方法が難しく、

多くの薬では良い細胞も悪い細胞も一緒に倒します。

(ガン治療に副作用が大きい原因)

 

ここまでの話を踏まえてた上で、

より詳しくガンについて知りたい方は

 

立花 隆  がん  生と死の謎に挑む

http://amzn.to/2jMW7Ah

 

がオススメです。

 

より詳しいガンのメカニズムや

ガンがなぜなくならないのか

ガン治療による副作用はなぜ存在するのかなど

わかりやすく書かれており大変勉強になります。

 

以前、NHKで放送されていた番組が

付属としてDVDでついています。

これだけでもこの本を買う価値は十分にあります。

 

(検索すれば動画があがっているようですね

大きな声では言えませんが)

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ここまで読んでいただきありがとうございました。

次回こそ「気になる人の口説きかた(男性向け・女性向け)」を話します。

もしくは「誕生日とかプレゼントっておかしいよね」、

または「スタイリッシュな方のアマゾン」の話の続きを話します。