アクティブなインドア

読書と筋トレが楽しみ。

アクティブなインドア代表たむが書くブログ

心理学、経済学などの本を、多いときで週に10冊程度読みます。

多趣味で筋トレ、カメラ、Photoshop、コーディングなども勉強しています。

心拍はメタ認知に役立つ指標

最近ウェアラブル端末を探しています。

 

特に心拍を測定できるもの。

以前、Apple Watch以外の選択肢が自分にはない

と言ったがそれはそれで悔しいので何かないか探しています。

 

心拍をそれほど重要視するのはなぜか、

それは物事の判断を常に冷静に行いたいと思うからです。

 

心拍が高い=興奮状態を示し判断力が低下することがわかっています。

 

テンションが高いときに買い物をしたり、

怒られたあとやイライラした後に八つ当たりしたり

どか食いしたりなど

 

あーあのときなんであんなことやっちゃたのかな

何で買ったのかな、何で食べたのかなと思う時

 

興奮状態になっていることが多々あります。

 

もしある一定以上の心拍で通知を出してくれる端末があれば

あ、今の自分は興奮状態なんだと数値で見ることができます。

 

数値として自分をメタ認知することで

自分の今おかれている状況を冷静に判断できるようになります。

 

また、心拍が平常時まで落ち着いてから判断しようと

思うこともできるでしょう。

 

自分キッカケの後悔する行動を避けるためにも

まず心拍の見える化をおすすめします。

 

そのために誰か心拍の見える化できる優秀な端末および

アプリがあればお教えください。

 

それではまた。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

マイペースにだらだらと日常のこと、本のこと、好きなことを

話していきます。なるべく毎日更新するように心がけています。